2016年6月7日 更新

【Hearthstone】冬季選手権とは?

スマートフォン用のゲームアプリ・Hearthstone(ハースストーン)。 このゲームはe-Sportsの分野でも注目されており、賞金付きの大会も行われています。 この記事では、日本において2016年3月に行われたHearthstoneの冬季選手権について解説していきます。

116 view お気に入り 0

冬季選手権の日本におけるチャンピオンは誰?

 (123)

冬季日本選手権で優勝を飾ったのは、mattun選手です。優勝したことで、彼はアジア太平洋冬季選手権にも参加。
残念ながら1位を獲ることはできませんでしたが、最終順位では第5位にランクインし賞金5000ドルを獲得しました。日本円に換算すると、およそ55万円です。
彼は2年前のベータテストの段階からHearthstoneをプレイしていた歴戦の猛者で、公式大会への参加だけでなく自分でも独自の大会を開くなど、日本におけるHearthstoneには欠かせない人物です。

大会はどんなルールで行われた?

Hearthstone: Heroes Of Warcraft News - Watch A Full Game Of Hearthstone, Tease The Gryphon (126)

Hearthstone冬季選手権は、Best of 5(以下BO5)の4Hero 1Banというルールで行われました。
これがどのようなルールかというと、1つの試合において5回まで対戦が行われ、3回勝利した選手が勝者となります。
BO5というルール形式は様々なゲームで採用されていますが、HearthstoneにおけるBO5の「4Hero 1Ban」というルールの特徴としては、お互い4人のヒーローを選択して相手に見せ、お互いに4人の内1人のヒーローを使用不可にすることができる、というシステムが挙げられます。
つまり、試合前に自分にとって不利になる相手のヒーローを、1人使用禁止にすることができるのです。

チャンピオンが使用したデッキとは?

【コミュニティ・インタビュー】 ハースストーン冬季選手権日本代表、mattun - ニュース - Hearthstone (129)

日本のチャンピオンであるmattunさんは、5回の対戦全てで武器破壊を行うことができる「ミニオン」をデッキに取り入れていることが特徴です。
武器破壊が行えるミニオンは、「ハリソン・ジョーンズ」や「酸性沼ウーズ」です。
武器破壊がなぜ役に立つのかというと、今大会において猛威を振るうと予想された「グリムパトロンウォリアー」や「シークレットパラディン」といった、序盤からすぐに勢いをつけていく「テンポデッキ」を使う相手に対抗することができるためです。

大会における重要ヒーローだったドルイドとは?

ヒーロー - ゲームガイド - Hearthstone (132)

Hearthstoneというゲームにおいて、3月の大会時点では「ドルイド」関連のデッキは特に猛威を振るっていました。
ドルイドが何故強いのかというと、マナを一気に貯めていくことができる「練気」や「野生の繁茂」といったカードが存在するため、序盤から大量のミニオンなどを場に投じて素早く相手の体力を削り、何もできないうちに倒してしまえるからです。
mattunさんは今大会のルールを上手く利用し、相手が選ぶヒーロー4人の内、序盤にドルイドをBanすることで、デッキの構成を崩すという作戦に出ています。

ドルイド最強時代はどうなったか?

当時、日本におけるチャンピオンであるmattunさんを持ってしても対策しきれなかったというドルイド。
今回の選手権では4Hero 1Banのシステムがあったために対策ができました。
ドルイド最強時代は、旧神のささやきによって変化しつつあります。変化に対応したデッキ構築、プレイングをすることが重要になるでしょう。

※大会情報などは全て執筆時の情報です。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ハースストーン】驚異的なスタッツ上昇量!ハンドバフパラディンのデッキ紹介

【ハースストーン】驚異的なスタッツ上昇量!ハンドバフパラディンのデッキ紹介

パラディンのハンドバフはグライミー・グーンズで唯一全体に掛けることができます。手札がミニオンだらけなら、一回のバフで大きなアドバンテージをえることができるでしょう。そこで、今回は「ハンドバフパラディン」を紹介します
yossy2012 | 148 view
【ハースストーン】伝統的なデッキ!MSoG対応新型Zooのデッキ紹介

【ハースストーン】伝統的なデッキ!MSoG対応新型Zooのデッキ紹介

Zooは世界大会で何度も使用されているハースストーンを代表するデッキの一つです。アグロデッキ系のデッキながらも正確なミニオントレードを要求されるので、意外と奥が深いデッキです。そこで、今回は「仁義なきガジェッツァン」で追加されたカードを使った「Zoo」を紹介します
yossy2012 | 69 view
【ハースストーン】大型ミニオンの強さを見せつけよう!ランプドルイドのデッキ紹介

【ハースストーン】大型ミニオンの強さを見せつけよう!ランプドルイドのデッキ紹介

ドルイドはハースストーンの初期からマナブーストに焦点が当てられています。マナブーストは基本的にドルイドしかできないので、プレイヤーもかなり深く研究していました。そこで、今回はマナブーストを利用して大型ミニオンを活かす「ランプドルイド」を紹介します。
yossy2012 | 53 view
【ハースストーン】テクニカルに戦おう!レノフリーズメイジのデッキ紹介

【ハースストーン】テクニカルに戦おう!レノフリーズメイジのデッキ紹介

メイジのコントロールデッキと言えば、これまでフリーズメイジが真っ先に挙げられていました。しかし、仁義なきガジェッツァンで追加されたカードによって、新たにレノメイジが台頭してきました。この2つのデッキには似たような特性があるということで、2つのデッキを組み合わせた「レノフリーズメイジ」が生まれました。
yossy2012 | 64 view
【ハースストーン】シナジーの強さで戦おう!MSoG対応新型ビーストハンターのデッキ紹介

【ハースストーン】シナジーの強さで戦おう!MSoG対応新型ビーストハンターのデッキ紹介

ビーストハンターは種族デッキの中でも代表的な存在です。分かりやすくて単純なシナジーと盤面の強さで勝つデッキなので、最もカードゲームらしいデッキと言えるでしょう。そこで、今回は「仁義なきガジェッツァン」で追加されたカードを使った「ビーストハンター」を紹介します。
yossy2012 | 100 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

高森洸 高森洸
GG Edge[ジージー エッジ] | e-Sportsの楽しさが集まる情報サイト