2017年5月22日 更新

【シャドウバース】凄まじいスピード!竜呼びの笛ドラゴンのデッキ紹介

エボルヴの新カード「竜呼びの笛」は非常に癖の強いカードです。一見使いにくいカードに見えますが、その盤面制圧力は使い方を考慮する価値があります。そこで、今回は「竜呼びの笛ドラゴン」を紹介します。

675 view お気に入り 0

この記事のキーワード

簡単に盤面を取れる展開力

Photo by author (4092)

via Photo by author
「竜呼びの笛」は7ターン目に出しても残りのコストで「ヘルフレイムドラゴン」を2体出せるので、盤面が弱くなることはありません。

それどころか7コストとしては強い動きなので、一気にこちらが有利になります。

盤面に即影響を与えることが出来るので、後手に回ることも有りません。

低コストの為1ターンで3~4体同時に出すことができ、恐ろしいほどの展開力を持っています。

PP効率の良いフォロワー

 (4095)

「ヘルフレイムドラゴン」の2コスト4/3突撃というスタッツは破格です。

3コスト以下のカードが変身しますが、「ヘルフレイムドラゴン」は平均的な3コストのフォロワーよりも強いので、基本的には得をし続けます。

フォロワーが横に並ぶことになるので、除去することも難しくなっています。

そのため、手札が無くならない限り基本的に相手より強い動きが出来るので、一気に決着を付けることが出来ます。

手札切れ注意

 (4098)

低コストでカードを使えるので、手札消費が非常に激しくなります。

元々ドラゴンはPP加速の為に手札を多く消費しがちですが、このデッキの場合はより早く手札が無くなります。

その対策のために、「魔術書の解読」が採用されています。

ドロースペルとしては重すぎて他のデッキでは使われることのないカードですが、「ヘルフレイムドラゴン」は低コストかつ即盤面に影響を与えるので、「魔術書の解読」の弱点を補うことが出来ます。

参考動画

 (4101)

ドラゴン~竜呼びの笛~ AA2ランク【シャドウバース】

序盤は他のドラゴンデッキの様に守りながらPP加速をします。「竜呼びの笛」は覚醒していなければ効果を発揮しないので、1ターンでも早くPPを7にしましょう。ランプドラゴンよりもPP加速の優先度は高いです。このデッキは7~9ターン目に本領を発揮します。それ以上ターンが経過すると手札が尽きたり、対戦相手がこちらの動きに対応できるようになってしまいます。なので、「竜呼びの笛」が発動したら手を緩めることなく最短で倒すようにしましょう。

現在の環境では厳しい

「ヘルフレイムドラゴン」は疾走持ちではないので、フェイスへの火力にに乏しいという弱点があります。

これにより、リノセウスがあるエルフデッキや盤面を取られても火力を生み出せる疾走ビショップなど、現在の環境上位デッキを相手にすると、ダメージレースで不利になってしまいます。

あくまで相手に予想されない奇襲デッキとしての運用が最適です。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【シャドウバース】盤面で圧倒しよう!ミッドレンジビショップのデッキ紹介

【シャドウバース】盤面で圧倒しよう!ミッドレンジビショップのデッキ紹介

神々の騒嵐が発売されてから2ヶ月以上経過し、デッキもほぼ固まってきました。デッキが読まれやすくなる時期には、あまり使用されていないデッキで不意をつく事が有効です。そこで、今回は使用率が低いですが、強いミッドレンジビショップを紹介します。
yossy2012 | 4 view
【シャドウバース】どうやって止める!?カエルロイヤルのデッキ紹介

【シャドウバース】どうやって止める!?カエルロイヤルのデッキ紹介

ロイヤルの新カードの中でも特に異質な能力を持っているのが「旅ガエル」です。スタッツは非常に低いですが、毎ターン潜伏が付与されるので、特定のカードが無ければ破壊されません。そこで今回は「旅ガエル」をデッキに軸にしたカエルロイヤルを紹介します。
yossy2012 | 17 view
【シャドウバース】最速で決めろ!アグロヴァンパイアのデッキ紹介

【シャドウバース】最速で決めろ!アグロヴァンパイアのデッキ紹介

シャドウバースの初期から存在するアグロヴァンパイアは、現在でも地味に使用され続けています。ただし、復讐にテコ入れされたため、デッキレシピが大幅に変更されました。そこで、今回はToG環境における、アグロヴァンパイアを紹介します。
yossy2012 | 10 view
【シャドウバース】細かいところまで見てみよう!MTGとの違い

【シャドウバース】細かいところまで見てみよう!MTGとの違い

MTGはあらゆるTCGに影響を与えており、シャドウバースも例外ではありません。シャドウバースの開発を行っているCygamesはMTGのプロチームを持っているので、その影響は大きい物だと判ります。ハースストーンと被っている部分もあるので、今回はシャドウバースの特徴に焦点を合わせて、MTGとシャドウバースとの違いについて解説します。
yossy2012 | 43 view
【シャドウバース】RoB環境の総決算!ファミ通カップ決勝大会の結果解説

【シャドウバース】RoB環境の総決算!ファミ通カップ決勝大会の結果解説

ファミ通カップの優勝者を決める決勝大会は、3月26日に行われました。RoB環境のほぼ全てである約3ヵ月間練られたデッキがぶつかり合うので、非常に興味深い戦いになりました。そこで、今回は大会で特に目立ったのデッキについて考察します。
yossy2012 | 36 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yossy2012 yossy2012
GG Edge[ジージー エッジ] | e-Sportsの楽しさが集まる情報サイト