2016年6月7日 更新

【LoL】LJL2016SpringSplitレポートまとめ

LJLとは、League of Legends JAPAN Leagueの略称です。LJLの2016年春大会である、Spring Splitが開催されました。この記事では、LoLにおけるLJLの決勝戦の全貌をまとめています。

310 view お気に入り 0

LoLとは?

リーグ・オブ・レジェンドとは? | リーグ・オブ・レジェンド (477)

LoL(League of Legends)は、Windows、Macで遊べるゲームです。いわゆるRTS、つまりリアルタイムで進んでいくシミュレーションゲームであり、自軍の兵士たちを操って敵を倒していくものです。

その対戦は非常に盛んであり、e-Sportsといういわゆるプロのゲーマーたちが賞金獲得のため戦う分野でも人気となっています。

プレイヤーが操るキャラクターはチャンピオンと呼ばれ、その他にAIで動く通常の兵士(ミニオン)、射程内の敵を攻撃するタワーがあります。

LJL大会の概要

―頂きの先へ― - League of Legends Japan League (480)

LJL 2016 Spring Splitは、1月から4月までという長期間にわたって行われてきました。4月10日に行われたSprring Split Finalはその決勝戦で、これに勝利することによって4月16日より行われるメキシコでの大会、International Wildcard Invitationalに出場する権利を獲得することもできます。

League of Legendsファンには見逃せない、最大級の大会の一つが今回のLJLなのです。

大会は国立代々木競技場の第2体育館で行われました。観客は非常に多く、約3000人の観客席がほとんど埋まっている様子が写真からも伺えます。

LJL出場チームの簡易的な紹介

代々木競技場がLoLファンで埋まった「LJL 2016 Spring Split Final」レポート。国際大会IWCIへの出場権はDetonatioN FocusMeが獲得 - 4Gamer.net (483)

決勝戦に進出したe-Sportsチームは、「DetonatioN FocusMe」と「Rampage」です。それぞれDFM、RPGと呼ばれています。

DFMは今大会においてなんとこの時まで無敗であり、その圧倒的強さは比肩しうるものがいないと思われていました。ちなみに、決勝戦においても猛威を振るっています。

DFMのチームとしての特徴は、東京都江戸川区を拠点として共同生活をしていて、フルタイムの給与制であるということ。これが何を意味するかというと、チームとしての結束力の高さです。

RPGは決勝戦に進出はできたものの、メインのメンバーが2人も脱退してしまっているという大きなハンデを背負った状態でした。DFMとは対称的に、チームとしての結束力が今回は危うい状況ということです。

ちなみに、Rampageは2015年末に改名したチーム名です。それまでは、Ozone Rampageというチーム名で活動していました。

試合の結果

代々木競技場がLoLファンで埋まった「LJL 2016 Spring Split Final」レポート。国際大会IWCIへの出場権はDetonatioN FocusMeが獲得 - 4Gamer.net (486)

試合の結果は、なんとDFMの3回連続勝利によって終わりました。やはり、この試合ではチームとしての結束力が勝利の促進に貢献したのではないでしょうか。

試合の特徴は、1試合目と3試合目においてDFM側は序盤から積極的に相手のジャングルに乗り込んでいっていたことです。これによりどんどんRPG側は追いつめられていってしまい、最終的には敗北を喫することとなってしまいました。

敵の進行をまったく許さないDFMの巧みな戦略が、今大会の勝利の理由です。

LJL2016SpringSplitまとめ

代々木競技場がLoLファンで埋まった「LJL 2016 Spring Split Final」レポート。国際大会IWCIへの出場権はDetonatioN FocusMeが獲得 - 4Gamer.net (489)

今日LJLの放送とか見てたけど、リアルで代々木とかに集まっちゃって、盛り上がっちゃって凄かった。
ゲームってやっぱ凄いコンテンツだわ。
色々と諦めたけど、ああいう凄いもの造りたい欲は、まだまだくすぶってる。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【LoL】1対1?それとも集団戦?Top クレッドの扱い方!

【LoL】1対1?それとも集団戦?Top クレッドの扱い方!

LoLのサモナーズリフトでは、Top・Jungle・Mid・ADC・Supという役割があります。Topには1対1が得意なチャンピオンや、集団戦で強力なタンクなどが存在します。今回はエンゲージ(集団戦の開始)が可能で、1対1でも上手く立ち回れば強力なクレッドについてのガイドになります!
つきひ | 17 view
【LoL】攻撃も防御も!Sup カルマの扱い方!

【LoL】攻撃も防御も!Sup カルマの扱い方!

LoLのサモナーズリフトでは、Top・Jungle・Mid・ADC・Supという役割があります。SupportはADCと共にBotレーンに向かい、ワードを置いたりハラスをしたり、シールドを張ったりとADCの成長を支えます。今回は行動阻害、ダメージ、シールドと欲しいものが揃ったオールラウンダーなカルマのガイドです!
つきひ | 40 view
【LoL】集団戦で大活躍しよう!Mid オリアナの扱い方!

【LoL】集団戦で大活躍しよう!Mid オリアナの扱い方!

LoLのサモナーズリフトでは、Top・Jungle・Mid・ADC・Supという役割があります。Midは試合を動かしやすい一方、高いプレイヤースキルが求められるチャンピオンが多いレーンでもあります。今回は難易度こそ高いですが、集団戦で大活躍しやすいオリアナについてのガイドです!
つきひ | 34 view
【LoL】バーストとDPSを兼ね備える!Jungle グレイブスの扱い方!

【LoL】バーストとDPSを兼ね備える!Jungle グレイブスの扱い方!

LoLのサモナーズリフトでは、Top・Jungle・Mid・ADC・Supという役割があります。Jungleは一般的に難易度が高いと言われており、ジャングル内にいる中立モンスターを倒しGankを行います。今回はマークスマンでありながら、高いバーストダメージも持つグレイブスをガイドします!
つきひ | 36 view
【LoL】アウトレンジから敵をキャッチ!ADC ジンの扱い方!

【LoL】アウトレンジから敵をキャッチ!ADC ジンの扱い方!

LoLのサモナーズリフトでは、Top・Jungle・Mid・ADC・Supという役割があります。ADCは物理ダメージを出すマークスマンのことで、敵に大きなダメージを与えるのが役割です。今回はスキルの射程がとても長く、遠距離から敵を捕まえることに長けたジンについてのガイドです!
つきひ | 43 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

高森洸 高森洸
GG Edge[ジージー エッジ] | e-Sportsの楽しさが集まる情報サイト