2016年6月11日 更新

【LoL】IWCI2016レポートまとめ

2016年4月に行われたLoLの世界大会であるIWCI。この大会で勝利することは非常に大きな名誉です。日本からも、LJLで優勝したDFMというチームが出場しました。この記事では、大会の内容について解説していきます。

216 view お気に入り 0

IWCI大会の概要

IWCI4日目、日本頂点の意地 - League of Legends Japan League (492)

IWCIとは、世界各地でLeague of Legendsの大会を行い、それぞれの国の勝者たちがメキシコに集まって戦うというものです。

ここでの勝者はさらにMSIという大会にも出場し、最終的に世界一を決めるという内容の、重要な大会です。

League of Legendsは世界中で人気を博しているため、この大会の注目度も非常に高いものとなっています。

日本からもDFM(Detonation Focus Me)がこのメキシコ大会に参戦し、戦いました。

日本の大会だけでも会場が埋まるほどの熱気を見せたため、IWCI本戦は絶対に見逃せないものでした。

IWCIスケジュール

IWCI 2016 Schedule - League of Legends Japan League (495)

4月の17日から24日まで行われたIWCI。予選が20日まで行われたあとに24日まで決勝リーグが行われます。

日本のDFMは1日目に東南アジアとラテンアメリカ南部という2つのチームと戦い、2日目はラテンアメリカ北部、そしてトルコと対戦。

3日目はブラジルと戦い、4日目である一旦の最終日はオセアニア、独立国家共同体との対戦を行うという流れになっていました。

大会は毎日夕方から夜にかけて行われ、その模様はネット中継もされています。

試合結果と動画へのリンク

IWCIで日本のDFMが3勝4敗で勝ち上がりならず!結果は同率5位  |  lol速報|League of Legendsまとめ (498)

日本のDFMの試合結果は、3勝4敗ということで残念ながら決勝トーナメントへ進出することはできませんでした。日本においては無敗だった彼らですが、IWCI本戦ではなかなか苦しい戦いを強いられました。

しかし3勝4敗ということで、惜しくも敗れたということになります。日本の意地を見せた、とても意義のある戦いだったのではないでしょうか。

試合内容は、動画で見ることができます。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

IWCI 2016 Day4 HR vs DFM 日本語実況解説

DFMの動向

代々木競技場がLoLファンで埋まった「LJL 2016 Spring Split Final」レポート。国際大会IWCIへの出場権はDetonatioN FocusMeが獲得 - 4Gamer.net (502)

DFMは1日目から3日目にかけて苦戦を強いられてしまったため、4日目で決勝に進出するには一回も負けられないという非常に苦しい状況に直面しました。

結果的に同率5位ということで、今大会は幕を閉じました。最終日では2連勝を遂げるなど、彼らの戦いは見応えのある素晴らしい内容でした。

League of Legendsというゲームの魅力を、DFMのメンバーたちはIWCIにおいても教えてくれたのではないでしょうか。

IWCI2016まとめ

惜しくも決勝への進出を逃してしまった日本のDFM。しかし、プロゲーマーとしての意地を見せてくれました。今回の敗北を糧に、さらに強くなって彼らは次の戦いに挑むことでしょう。

LoLの大会は今後もまだまだ開催されます。日本の選手たちのさらなる活躍に期待が膨らみます。
15 件

この記事のキュレーター

高森洸 高森洸
GG Edge[ジージー エッジ] | e-Sportsの楽しさが集まる情報サイト