2016年7月28日 更新

【DeToNator vs MiG(韓国)】日韓エキシビジョンマッチを観戦しよう

7月14日(木)にアフリカTV主催で韓国と日本のOWプロチームによるエキシビジョンマッチが実施されました。 まだ大会歴も浅いアジアOWプロ界隈の貴重な一戦となりました! 今回はまず観戦する前に知りたい、両チーム選手や主催会社の紹介、注目すべき点などを紹介していきます!

274 view お気に入り 0

参戦チーム【DeToNator】とは?

DeToNator Pro Gaming Team (1582)

様々なゲームでプロチームを構築している国産の組織で、名前を聞いた方も多いのではないでしょうか?

2009年にAVAのチームとして活動を開始し、その後Dota2、LoL、CS:GOなど多岐にわたって活動を広げてきました。

2015年にはオンラインゲーム会社Aiming(代表作:剣と魔法のログレス いにしえの女神)がメインスポンサーに就任するなど、国内のプロチームの中では勢いに乗ってることも注目すべき点です。

Overwatch部門は各FPSで活躍してきたメンバーによって設立したチームで、7月からはAVA部門も合流するなど期待できる布陣のメンバーとなっております。

参戦チーム【MiG(Maximum impact Gaming)】とは?

Maximum impact Gaming Blitz - Leaguepedia - Competitive League of Legends eSports Wiki (1584)

対するMiGは韓国トップ水準の実力を持ち、韓国最強とも言われるチームでメンバーの平均レートは何と脅威の77!

世界ランク5位のメンバーまで居て、DeToにとってはかなりの強敵と言わざるを得ないでしょう。

メンバー構成はアタッカー2タンク2サポート2とオーソドックスな選択を採っています。

2013年に設立された元は韓国のLoLチームで、メンバーも韓国人のみのチームになっています。

【DeToNator】メンバー紹介

【Overwatch】アフリカTV主催Overwatch日韓エキシビジョンマッチ レポート | DeToNator Pro Gaming Team (1587)

チームリーダーのYamatoN選手はサポート枠のプレイヤーになっています。

何と言ってもそのマーシーのULTが素晴らしく、チームの中核を担っていることは断言できます。

フラグムービーも制作されているので、YamatoNマーシーの胆力を見てみるのも面白いでしょう!

【Overwatch FragMovie】Revived by YamatoN

本戦の【DeToNator】チームメンバー

 (1590)

■アタッカー
Delaver選手:レート72
XQ選手:レート70

■タンク
StylishNoob選手:レート72

■サポート
YamatoN選手:レート66
SPYGEA選手:レート63

■フレックス
siorin選手:レート67

(※レートは試合開催時点の情報です。)

【MiG】メンバー紹介

脅威の世界ランク5位のレート84を持ったMiGArHaN選手は、アタッカーとしてチームを引っ張ってきた強い選手です。

OVERBUFFによるとオフェンスキャラ使用時の勝率は62%!

ゲンジ使用率が一番高いようなので、韓国忍者の力を見れるかもしれません!

MiGによるゲンジでのハイライト動画がありましたので紹介しておきます。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【オーバーウォッチ】【Blizzcon2016】オーバーウォッチワールドカップ決勝!

【オーバーウォッチ】【Blizzcon2016】オーバーウォッチワールドカップ決勝!

Blizzard主催のBlizzcon2016で行われたオーバーウォッチワールドカップの決勝戦のハイライトや動画をご紹介します。今回の大会はチーム単位では無く、各国の代表選手が集まった珍しい大会となりましたが、非常に面白い結果となりました。
鴨野ハル | 56 view
【オーバーウォッチ】新たなヒーラーキラー誕生?!ソンブラ解説

【オーバーウォッチ】新たなヒーラーキラー誕生?!ソンブラ解説

ソンブラは事前に存在が確認され、いろいろな憶測が溢れた中での実装となった二人目の新たなヒーローです。未だ使用用途が確立されてはいませんが、ヒーラーに強いなどアサシン的要素が多く見られます。そんなソンブラを今回は解説していきます。
鴨野ハル | 89 view
【オーバーウォッチ】ステージ毎に結構違う?「LIJIANG TOWER解説」

【オーバーウォッチ】ステージ毎に結構違う?「LIJIANG TOWER解説」

LIJIANG TOWERは3ステージで特徴が変わっていく珍しいコントロールマップです。その変わり方は途中でのヒーローチェンジが推奨されるほどです。コントロールというルール上、チームバランスも重要になってきますが、その指針はなかなか難しいもの。いくつかのポイントをまとめてみました!
鴨野ハル | 57 view
【オーバーウォッチ】バランス良好な「VOLSKAYA INDUSTRIES解説」

【オーバーウォッチ】バランス良好な「VOLSKAYA INDUSTRIES解説」

VOLSKAYA INDUSTRIESはAポイントが裏取り出来ることで有名ですが、攻防のバランスが良く、どちらでも楽しめるポイントキャプチャーの中でも評価の高いマップです。特にBポイントでの奪い合いが熱く、何度も逆転するシーンが珍しくありません。同マップをより楽しむため、解説していきましょう。
鴨野ハル | 46 view
【オーバーウォッチ】スナイパーも戦えるペイロードマップ!「ROUTE 66解説」

【オーバーウォッチ】スナイパーも戦えるペイロードマップ!「ROUTE 66解説」

山や建物を避けて道路を進んでいくマップが特徴的な「ROUTE66」L字カーブやU字カーブなどペイロードが進んでいく「ルート」がぐるぐるとしてるのも特徴!敵味方が入り乱れるこのマップは覚えるのも大変ですが解説していきましょう。
鴨野ハル | 41 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鴨野ハル 鴨野ハル
GG Edge[ジージー エッジ] | e-Sportsの楽しさが集まる情報サイト